AI×医療事務(カナダ)

今は医療事務しているので医療事務関連、IT関連をのんびりと備忘録も含め記載していきます カナダ・歯科助手のことも復習がてら記載中 

カナダワーホリの見積もり①

 

カナダでのワーホリにあたって エージェント2つに頼んでいたのですが

1つ目のNPO法人のエージェントは対応が悪くほかのエージェントより値段も高かったため

東京にあるエージェント BLOSSAさんに頼みましたニコニコ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2020.7/3)  1つ目のエージェントは同じ保険にもかかわらずオプションも全く違っておりました。エージェントさん探しは骨が折れる作業ですがいろいろなエージェントさんで慎重に探したほうが良いと思います。

その後、良好な関係も気づけますし また渡加する際に飛行機の手配等 頼みやすいです。実際 またカナダに行く際にお世話になる予定です。コロナのせいでまだいけませんが(汗

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

私の見積もりはこのような形です

1つ目のエージェントから急遽こちらに変えバタバタだったのですが親切に対応していただきました

 

 

 

 

 

①学校

 

SGIC トロント校という学校を選びました

もともとTESOLを受ける(予定だった)+母国語を話すとペナルティーという厳しめの学校ということで選びました
─────────────────
St. George International College (SGIC)
都市 : トロント

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
入学金
  C$150
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
一般英語 (ESL)
Full time Intensive
25 hours / week

授業料
  C$4,680 (12 週間)

プロモーション
  -C$680
※Blossaで2017年12月の年度締切日(20日頃)までにご入金の場合、プロモーション割引が適用となります。

教材費
  C$180 (12 週間)
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
学校合計: C$4,330

 

 

時期によっては学校側とエージェントが連携してるのでプロモーション料金として値引きがあります

年度によって変動があります

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2020.7/3記載) 実際に見学等できないため仕方ないのですがこちらの学校 設備がかなりボロボロでトイレ等 流れないこともありました

エージェント等に頼み値引きしてもらう際にはカナダに行く前に契約しないと値引きが適用されないためそこはマイナスだとは思います

そのため事前に口コミ等しっかり見ておく必要があると思います

それでもどうしても情報が少ない場合もあるので 途中で学校を変えたり追加で違う学校に行くこともありではないかと思います

実際に他校から見学に来ていた方もいますし、他校に変えた方、追加で行っていた方もちらほらいました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

 

②ホームステイ

こちらでは選べるホームステイということでホームステイ先のホストマザーの写真・部屋が見れます

これが一番いい利点です

他のエージェントではほとんど見れません


個室(3食)で滞在費  C$900 (4 週間)、ホームステイ手配料  C$250、空港出迎え  C$100
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
合計: C$1,250

普通は3食付きで上の値段なのですが私自身 食のこだわり・好き嫌いが多そうなのでレントステイを紹介してもらいました

レントステイとは 3食の食事つきなしで自炊です。 キッチン・調理器具、すべて貸してもらえます。食材のみ自分で購入です。

 

・手配料$180(選べないため、手配料もお安くなります)  ・滞在費:$700(4週間個室・食事なし)

$270の節約になりました♪ 

よくホームステイで食べたくないものを食べたり夜ご飯いらないのを連絡しないといけない、食べれなくても費用に含まれるということを聞いたので満足ですおすましペガサス

 
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2020.7/3記載) ホームステイ先はこちらで本当に良かったと思いました

ステイ先はとても重要だと思います 人間に必要な衣食住の住の部分に当たるのでこちらかなり重要だと思います

実際 最初にレントステイしたステイ先は しっかり話していただける女性の方で英語のスピードも速くかなり勉強になりました 話もしっかり聞いてくださっていろいろ教えて頂いていろいろ連れて行ってもらいました。

その後、費用の面から安いステイ先に移ったのですがステイ先のファミリーと話す機会が全くない(ファミリーが地下に住んでおり会うことがない、自分から地下にも行けない)  日本人の方が隣の部屋だったのですが夜中に電話をしていた

その後、また違うステイ先に行ったのですが お子さんの面倒でホストファザー・マザーが忙しい 早めに夕食、早めに就寝のため学校に通っていた私と時間が合わない 話せない という形でした

そのため最初にステイした先に戻り 残りの時間は快適に過ごしました

 

学校で何人かは 他の子とステイしているけど 自分の分だけ食事が少ない、埃があって蜘蛛が這っているようなカトラリーが置いてあって汚い とか 折り合いが良くない、住環境がよくないステイ先で疲弊している日本人、他の国の方々もいました

 

シェアハウスも考えましたが1軒目のステイ先がじっくり話してくれてカナディアンなので英語を伸ばすならお金はかかるけどステイがよいと思いました

 

私の意見ですがステイ先はかなり重要だと思います

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
 
 
 
 
③合計


海外送金手数料 C$70 含めて

総計: C$5,650 (約53.4万円)です

 

 
 
上記の他に生活費として、ホームステイ中は月1〜2万円、シェアハウスに移ってからは家賃と生活費を合わせて月8万円くらいかかるといわれました。
ただしアルバイトをフルタイムではじめると、アルバイト代で生活できる場合がほとんどだそうです
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2020.7/3記載)日本も一人暮らしだと月 約10万かかるのでそのように考えたらよいかなと思います  ステイが7万(光熱費、wifi,英語環境、制限なしのシャワー)+食費1-3万+携帯代 2000円ほど+@ ぐらいです

私の場合、追加で学校を延長してしまったので途中でお金が足りなくなりそう+バイトも結局決まらなかったので5か月目ぐらいから仕送りしてもらいました(;'∀')

他の記事で詳しく記載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
 
渡航時前に別途準備する費用
 

・学校・ホームステイ1ヶ月  C$5,650 (約53.4万円)←①②③の費用

・航空券(片道) 約8〜12万円
・保険(1年)  約20万円
・生活費(4ヶ月)約32万円

--------
合計 約113.4万円〜117.4万円
 
 
ギリギリの生活でも留学できた人もいっぱいいますが やはりお金は持ってることにこしたことはないのでワーホリに行く前に貯金はある程度してたほうがいいみたいですゲッソリ!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(2020.7/3記載)  学校を延長したので別途費用が掛かってしまった +バイトが決まらなかったので私の場合仕送りになりましたが 普通に暮らせば1年は使用する金額は200万でわたしはたりるのではないかとおもいます  ぎりぎり100万~150万

でも困ったときは仕送り等してもらったほうが自分のためにもいいと思います

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~