AI×医療事務(カナダ)

今は医療事務しているので医療事務関連、IT関連をのんびりと備忘録も含め記載していきます カナダ・歯科助手のことも復習がてら記載中 

事務作業の自動化 Excel×python

 備忘録になりますが

toyokeizai.net


こちらの記事、興味深いなと思いました

Excelで VBA(マクロ)がありますが引き継ぎ時に前任者の特徴が強かったり上手く引き継げず次の方が使えない 結局、使用できなくない状態になったという記事をよく見かけます
私的にはマニュアルの残し方や後任への教え方、後任候補を一人だけにしたことでその人が理解できないキャパシティであれば無意味になると私的には思います

RPAについてもよく言われますがRPAは同じ作業を繰り返すことに特化しており 柔軟性が求められる医療事務には若干不向きと私的には思います
医療事務は単純作業が多いですが保険証のチェックの際にも保険証が何種類もあり チェック箇所も保険証によって違います。
大体は同じだが一部だけ違ったりする また画像認識があると便利だがRPAにはない?またはAIと組み合わせないといけないと思われる
時々 保険証の基準も変わりますし、その際に一気に基準を変えればいいですが。。

以上の2点を踏まえてもpythonというのは柔軟性がありカスタマイズ性があり応用が効くなと思います
画像認識は精度が70-80%しか出ない、残り20%が出来ないと精度は低い?&まだまだとIT業界では言われているようですが(侍エンジニア塾の営業?の方に言われてたので信憑性は低い)AI分野のライブラリ等が多いpythonは やはり良いなと改めて思いました